私が買う本。子供の頃に出会った本を手に入れる事ができて、自分のものにすることができたら、宝物のように感じます。宝物の本を段々と増やしていける事、これは本好き冥利につきますね。



部屋の片隅で、様々な本があっという間に増えています。
見ると、知りたい分野のもう少しつっこんだ内容の本や専門的な知識を得るための本、本屋のコーナーのおススメ本が多いようです。
買った本を読んだ後は、しっかり記憶に残ったもの、使える!と確信できた情報や知識、今後のために何度も読み返したり頻繁に手にするとわかっている本はずっと持っています。

高品質低コストのデジタル化の影響で、本の売れ行きが悪くて書店も苦戦しているようで絶版になる本も多いようですが、最初から「また出会いたい」と思える本は、長い間置いておきたいと思うものです。


絶版本は、買いたくても市場に無い事もあるし、自分なら、手放してもまた買いなおしそうです。