コインランドリー係は主人の役割です。大洗濯祭りを全うするのに朝から晩までかかりますが、肌に触れるカバー類などが全部洗剤のいい香りがする夜は、必ず快適に休むことができます。

3ヶ月に一度程度、我が家で大物のみを洗う大洗濯祭りを開いています。

祭り内容はごく単純。
大サイズの洗濯物ばかりをまとめて洗い倒します。全然お祭りとはかけ離れているけれど、「お祭り」と言わないと気分が乗らないから、そうやって無理矢理イベント化しています。


この洗濯祭りでは、とりあえず家族が使っている布団のカバーと名のつくもの全部自分で外したものを提出させ、とにかく出たもので全部洗います。カバー以外の物でも洗濯機で選択可能なものは洗濯します。あとは普段洗わないカーテンも洗います。


洗濯物が完了した後は、おNewの最新型の掃除機ですみずみまで掃除機をかけてお祭り終了です。洗濯物を、場所を工夫してなんとか隙間をみつけて干していきしっかり乾くことができなかったものはすぐ近くにあるコインランドリーに有る乾燥機をかけます。
コインランドリーを往復するのはほとんど旦那さんの仕事です。