はるさめ♪

2015年07月

日常のご飯を食べてその上和菓子やパンやケーキをつまんでいたのですから我ながらよく食べていました。母乳育児期間で体重は気にしなくていいといって、今のまま食べるのはだめだろうなと思い、食事はそのままで、間食を断ってみることにしました。


出産後数か月過ぎると体重の減少はスピードを落とし始めて、ほぼ停滞するようになりました。

気付くと、猛烈な食欲も消えつつあるきがします。そうはいっても食べたい気持ちは結構旺盛な感じです。

出産の後は、男の人と同じくらい食べたとしても満腹という感覚が訪れず、これまでの人生で最も食欲が強烈でした。

食欲に反比例するかのように、体重は気もちが良いほど減りました。
おっぱいってすごい!

プリクラを撮った事がある女の子なら昔やってたわ!という人も結構いると思うんですが、私流ですと本当に昔からカレンダー機能のついた手帳の決めてある場所に撮れたプリクラを大事に貼ります。

プリクラも思い出のひとつとしてプリクラで残すのっていうのが結構好きです。プリクラシールをひっそりと自分だけが楽しむために貼るという行為は個人の自由だから、一般論なんて気にしなくていいよね。と居直ることにしました。
学生じゃなくてもプリクラの機械のところにいますし、まだ当分プリクラするのを急にやめることはありませんが、ひっかかるのはプリクラででてくるプリントシール。

プリクラを私物に貼るなどは20代そこそこの女性がしているような感覚がありますが、世間一般ではどの年代までプリクラをしてもいけるんでしょうか。

口コミなどでおススメのニキビケア用品をどれほど使っても良くならなかったのでめんどくさいと思って見て見ぬふりをしていた生活習慣の見直しを頑張りだしたら、少ない変化ながら悪化することなく良くなってるのがわかって、やっぱこれか!と思いました。大人になってから、ニキビができるとひどくなる傾向にあります。多くのオトナが悩んでいるといわれる、大人ニキビというやつです。

おでことか不衛生そうな感じが気になるし、肌の見た目が調子よくないのがまるわかりで朝からのテンションに響きます。悪化するニキビの発生に対して思い悩んだ挙句、私の事をよくわかっている母に聞いてみたら生活の乱れが主な原因なんじゃないの?と言われました。

指摘通り、スマホで読める漫画にハマっていて遅寝早起きの睡眠不足で、朝昼晩とインスタントで済ませたり、心当たりありすぎです。
ニキビ防止策は、睡眠や食事の軌道修正だとか、一見関係のなさそうなものも正しい位置にもっていくというのがポイントなんだなと、実体験をしてわかりました。

このページのトップヘ